美術教養講座「アートをしる、みる、かた〜る」

日時 2019年5月26日(日)~2020年2月15日(土)
の毎月1回土曜または日曜開催(10・3月除く)
各回14:00~15:30
開催場所 東大阪市民美術センター 1階、2階会議室、展示室
(大阪府東大阪市吉田6-7-22)
参加費 無料
定員 120名(先着順)
主催 東大阪市民美術センター

運営企画:公益財団法人 東大阪市文化振興協会 
協力:大阪府大阪商業大学近畿大学

チラシ ダウンロードはこちら(PDF)
参加方法 申込不要、各回先着120名。

当日直接会場へ。

公式サイト なし
お問い合わせ 東大阪市民美術センター
〒578-0924 大阪府東大阪市吉田6丁目7-22
TEL 072-964-1313
FAX 072-964-1596
http://higashiosaka-art.org/
https://www.facebook.com/ham1313art/
近鉄奈良線「東花園駅」より徒歩約10分、花園ラグビー場南側
備考 ■第1回 5月26日(日)
「アートで地域が救えるか!?-全国各地で開催されるアートプロジェクト」
近畿大学文芸学部文化デザイン学科 教授 西野昌克

■第2回 6月16日(日)
「新原風景は温暖化を救えるか」
出展作家 ブライアン・ウィリアムズ

■第3回 7月27日(土)
「文化財とはいったい何なのか?-その分類をめぐって」
近畿大学文芸学部文化デザイン学科 講師 梅原宏司

■第4回 8月11日(日)
「アートプロジェクトの現場 アートと社会、そして取り巻く人々の関係」
インディペンデントキュレーター 山中俊広

■第5回 9月1日(日)
「東大阪の歴史と産業を記録する-写真の役割と魅力について」
工場を記録する会 岡本好行、写真家 川勝 親、聞き手 西野昌克

■第6回 11月9日(土)
「路傍の美術~見立ての楽しみ~」
大阪商業大学公共学部准教授 商業史博物館主席学芸員 明尾圭造

■第7回 11月23日(土)
「第4回若手アーティスト支援事業-作家と選考委員によるギャラリートーク-」
若手支援事業からの選出作家 + 聞き手 選考委員
展覧会:11 月 20 日(水)~ 12 月 1 日(日)
作家:公募作家の中から 9 月中旬頃に決定
選考委員:
 大阪商業大学商業史博物館主席学芸員 明尾圭造
 大阪府府民文化部 中塚宏行
 近畿大学文芸学部文化デザイン学科教授 西野昌克

■第8回 12月22日(日)
「アートやスポーツ・ラグビーがもたらしてくれるもの̶ 元ラグビー日本代表 林 敏之氏を迎えて」
スポーツイラストレーター 尾中哲夫

■第9回  2020年1月18日(土)
「療養環境におけるアートの役割と可能性」
近畿大学文芸学部文化デザイン学科 教授 森口ゆたか

■第10回 2020年2月15日(土)
「須田剋太ワールド ー宇宙生命体全体実体ー」
大阪府府民文化部 中塚宏行

※都合により、内容等が変更になる場合があります。

 
【資料】

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA