アメリカと日本の子どもの本―その関係をさぐる

連続講座で その関係をさぐる

日時:2017年5月27日(土)、2017年6月24日(土)、2017年7月22日(土)14:00~16:00

内容:
第二次世界大戦以後、アメリカ合衆国との関係は日本社会全体に大きな影響を与え続けてきました。
子どもの本の世界も例外ではありません。
この講座では、日本がアメリカの子どもの本をいかに受け入れてきたのかを3つの観点で考えることによって、子どもの本の本質に迫ります。

講師:三宅興子さん(当財団特別顧問、梅花女子大学名誉教授)

◆ 第1回 5月27日(土) 14:00~16:00
アメリカの児童書の歴史:アメリカから贈られた子どもの本から考える
◆ 第2回 6月24日(土) 14:00~16:00
アメリカから日本へ絵本がやってきた:「岩波子どもの本」と「世界傑作絵本シリーズ」
◆ 第3回 7月22日(土) 14:00~16:00
『ちびくろサンボ』がたどってきた道:イギリス・アメリカ・日本

場所:大阪府立中央図書館 2階大会議室

対象:子どもの本に関心のある方ならどなたでも

定員:各回 50人 ※申し込み先着順、定員になりしだい受付終了

費用:各回1000円、参考テキスト500円

申込み:大阪国際児童文学振興財団財団HP 「参加申込」から、または、電話、FAX ※受講希望の回をお知らせください

問い合せ:TEL 06-6744-0581 FAX 06-6744-0582

主催:「一般財団法人大阪国際児童文学振興財団

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA