『甚兵衛と大和川』三部作・中 九兵衛 著

「大和川には話題がいっぱい」中 甚兵衛10代目・中 九兵衛の三部作

有史以来、大阪の河内平野を流れる「大和川」。しかし、現在の流れは、江戸時代に至って洪水に耐えかね、地形に逆らい開削された人工河川であることは余り知られていない。「甚兵衛」とは、その大和川の付け替え、「北から西への改流」に生涯をかけた農民である。(まえがきより)
印刷:大阪書籍
定価:本体価格\2500+税 307ページ 発行:2004.1.25 初版
『甚兵衛と大和川』ジュニア版は大和川の歴史を学ぶ絶好の入門書。
発行:大和川市民ネットワーク
印刷:大阪書籍
定価:本体価格\1000+税 170ページ 発行:2007.7.7 初版
大和と摂河泉・新旧大和川流域の365日。往古から奈良の地に源を発し、種々流れを変えながらも大阪を流れ海に注いできた、大和川の流域の出来事で綴る歳時記。
印刷:大阪書籍
定価:本体価格\2000+税 416ページ 発行:2011.2.3 初版

 Webでもお買い上げいただけます。それぞれの著書名をクリックしてください。

2016年05月17日 | Posted in 商品紹介, | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA